実はあの人も?あがり症の芸能人や芸人


芸能人や有名人は芸能界という華やかな表舞台で、常に周りから視線を浴び、注目されながら活動しています。テレビにラジオにコマーシャルなど人前に出ること、人前で喋ることが当たり前の職業とも言えます。

そんな華やかな舞台で活躍している人に
「あがり症や緊張で悩んでいる人なんているはずがない」
そう思ってしまいますが、実際は芸能人、さらには喋ることが仕事の芸人でさえもあがり症や緊張に悩んでいるようです。

agari-kincho-geinoujin-1
例えば、「あがり症 芸能人」で検索すれば、ほぼ間違いなく女優の星野真里さんの名前があがります。あがり症で有名な女優の1人ですね。

当然ですが、星野真里さんも最初からあがり症だった訳ではありません。
小さい頃(7歳頃)から子役として活躍していますが、その頃はあがるということはなかったそうです。子供はあがりとはほとんど無縁ですからね。つまり、大人になるにつれて自意識が芽生え、あがるようになったということです。

現在は、女優業だけではなく、バラエティー番組にも出演していますよね。どちらにしても、常に人の視線を集める舞台で活躍し続けています。

他にも、歌手では、倉木麻衣さん、さらに芸能界のご意見番?の和田アキ子さんでさえもステージで歌うとき、マイクを持つ手が震えるそうです。
ちなみに、AKB48の峯岸みなみさんも赤面症と告白していたことがあります。
しかし、テレビなどではそれを微塵も感じさせません。

あがり症の芸人

バラエティー番組「アメトーーク」では、「人見知り芸人」として、オードリー若林さん、有吉さん、インパルス板倉さん、フットボールアワー岩尾さん、バカリズムさん、サンドウィッチマン富澤さん、麒麟川島さん、笑い飯西田さんなどが出演しています。

最近では、すぐ緊張しちゃう芸人として、アンジャッシュ児嶋さん、キャイ〜ンウド鈴木さん、森三中黒沢さん、FUJIWARAフジモンさん、笑い飯西田さん、ノンスタイル石田さん、東京ダイナマイト松田さんなどが出演しています。

大御所では、志村けんさんも「幾つになっても舞台は恐い、あがり症で気が小さい」と話されています。
志村けんさんのような超大物で、数多くの緊張を感じる場面を乗り越えてきた方でも夜も眠れないことがあるんですね。もしかしたらこういった性格だからこそ、ひとつひとつの仕事に手を抜かず、素晴らしいものを作り上げていくことができるのかもしれません。

芸能人や芸人であっても大小は違えどそれぞれに悩みを抱えていて、一般人と変わらなかったりするものです。それでも、仕事をきちんとこなし活躍をしています。

少しずつあがりに対する克服法を身につけてきたのかもしれません。また、あがり症の自分を受け入れてきたところに成功の秘訣があるのかもしれません。芸人さんなんてそれで「アメトーーク」などの仕事を取っていますしね。
私たちも「緊張」から逃げずに真っ向から付き合っていく必要があるかもしれません。

緊張を抑える効果のある薬

このページの先頭へ