即効性の高い薬「舌下錠」


緊張や不安を抑える薬によるあがり症(緊張症)対策にて「薬の即効性を上げるための飲み方」を紹介しましたが、医薬品の中には舌下錠と呼ばれる素早い効果を期待できるタイプの薬が販売されているので、そういった薬が今後開発されるようなことがあれば使ってみるのも良いでしょう(現在は当サイトで紹介している薬に舌下錠はありません)。

舌下錠は薬が溶けやすいため、効果の即効性が期待できるとともに、水なしでも飲みやすいという利点があります。

通常の内服薬よりも断然溶けやすくなっているため、即効性が期待できるかと思います。

舌下錠とは?

舌下錠(ぜっかじょう)とは、舌や舌の下に薬を挿入し、口内で溶かして口腔粘膜から吸収させ、急速な効果を期待する薬です。

一般的な使い方

口内の粘膜から速やかに吸収させて効果を得るため、錠剤をそのまま飲み込んだり、噛み砕いたりせず、口の中、舌の下に入れて自然に溶かします。溶けにくい場合などは、水を少し含んで、舌を湿らせたりすると溶けやすくなります。

舌下錠を飲み込んでも問題はありませんが、舌下錠は口腔粘膜から吸収することを目的に作られているので効き目に差異が現れる可能性はあります。効果の面でも薬の用法を守り使用するのが一番です。

私は舌下錠を試したことはありませんが、口コミを見ていると15〜30秒もあれば溶けてしまうようなので高い即効性が期待できるのではないかと思います。

また、錠剤の溶けやすさからも水なしでも容易に飲めることから、どんな場面であっても瞬時に飲めるという利点もあります。
医薬品は比較的効きが早い薬が多いですが、さらに素早い効きが欲しいときなどに使うと良いかと思います。

緊張を抑える効果のある薬

このページの先頭へ