あがり症・緊張に効果のある薬:安心の純国産薬「デパス」


デパス
1984年日本の旧:吉富製薬(現:田辺三菱製薬)が開発した、純国産薬です。
市販薬としては販売されていませんので、一般的には心療内科や精神科などで医師の処方箋がないと購入できません。
しかし、個人輸入代行サイトを使えば購入することもできます。

デパスの主な効果

リラックス系の神経に作用し、緊張などで疲れてしまった脳に、気持ちを落ち着かせる効果があります。また、筋肉の緊張を取り除く効果もあります。
神経症、うつ病、心身症における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害の改善や筋肉の緊張の改善に用いられます。手術前などの不安や緊張を和らげるために使われることもあるようです。

デパスは服用後、およそ1時間程度で効果が現れ、3時間でピークを迎え、6時間程度持続します。作用の持続時間が短い点も利点のひとつです。いつまでも体内に薬が残らないため、倦怠感が起こりにくく、スパッと抜けるのが特徴です。

1984年の発売以来、国内で最も使われている抗不安薬です。

デパスの副作用

デパスは作用の強い薬であると同時に、非常に安全性の高い薬です。
比較的副作用は少ない薬ですが、眠気、ふらつき、倦怠感、脱力感、過敏症が報告されています。

注意事項

眠気、注意力・集中力・反射運動の低下が起こる可能性があるため、自動車や機器の操作運転、高所での作業には注意が必要です。

デパスは様々な症状に効く万能薬であり、名薬だと言われています。
そこが日本の「抗不安薬・精神安定剤」市場で断然の売上を誇っている理由かもしれません。
しかし、睡眠効果もあるのでそのあたりを考えてレキソタンを考えてみるのもよいでしょう。

デパスの感想

私自身はデパスは使用したことはありませんが、デパス使用者の声を集めましたので参考にしてみてください。

効き目は10分程で出てくる。効果は強いが、作用時間が短い。「気分が悪くなりそうだな」と感じたらすぐに飲めば、すぐに気分を落ち着かせることができます。副作用は少し眠くなるくらいで、慣れてこれば眠気は気にならないです。
飲んで30分後くらいで効果が出てくる。効果は高い。
緊張場面を抜けると急に眠くなることがある。
効き目はあまり感じられなかったです。今では睡眠誘導剤として使用しています。
効果は30分程で現れ、効力時間は3時間くらいでした。
私の場合はデパスを飲むと必ず頭痛がしたので、他の薬に変更してもらいました。
不安を感じるのが嫌で飲んでいました。効果が出るまでに30〜40分かかりました。副作用としては酷い時は、飲んでから2時間半程でめまいがしたり、朦朧としたり、集中力を欠如してしまうことがありました。あまりにもめまいと眠気が酷いため、昼に飲むことはなくなりました。
20分くらいで効果が現れます。効き目は3時間くらい続くか続かないかといった感じです。眠気は全く感じず、仕事中でも眠くなることはありません。

デパス使用者の感想をまとめてみると、効果は30分前後で現れ、作用時間は3時間前後という声が多いようです。
また、効き目には個人差があり、効いたという人もいれば、全く効かないという人もいます。
薬は自分との相性もあるため、色々な薬を試してみるのが良いかもしれません。
ただし、比較的効果を感じられている人の声が多いようです。

↓↓↓デパスはこちらの個人輸入代行サイトで購入できます↓↓↓

くすりエクスプレス:デパス1mg
オオサカ堂:インデラル10mg

どちらの個人輸入代行サイトでも「デパス」が販売されています。

デパスのジェネリック医薬品のエチラームも取り扱っているため、金額を抑えたい方はエチラームを利用してもいいと思います。上記のサイトでも感想などが書かれていますので、参考にしてみてください。

また、あがり症や緊張に効果のある薬をまとめていますので合わせて読んでみてください。

緊張を抑える効果のある薬

このページの先頭へ