今までと違う環境(海外)に身を置き緊張を克服する方法


kincho-taisaku-kaigai
海外へ旅行したり、留学したり、ワーホリ(ワーキングホリデー)したり、海外へ行き言葉が通じない状況へ強制的に自分を追い込むという方法です。

海外旅行であがり症や緊張を克服するメリット

この方法では色々なメリットが考えられます。

自分のことを知っている人がいない

例えば、人は周りの評価を気にすることで緊張するものです。
海外に出ることは自分のことを何も知らない、知っている人がいない地域へ行くということです。

つまり、今までの自分を知る人はいないわけです。
人の目を気にする必要もありません。
自分の評価を気にする必要がなくなります。

開放的・ポジティブになれる

海外旅行に行くことで気持ちがポジティブになる人などはよくいますよね。
開放的でポジティブになります。
もちろん海外に行ったらポジティブになれるわけではないですが、
海外旅行をすることで自分の中の価値観が変わることはあるでしょう。

喋るしかない環境

怖い、分からない、話せないと言ってたら泊まる所もなければ、食事とることさえできません。もちろんタクシーにも乗れない。

海外旅行で緊張を克服するまとめ

少々荒療治にも思えますが、海外の喋らないと何もできないという状況に身を置くことはプラスの面もあります。
他の克服方法と比べるとお金もかかるし、時間もかかります。
また、今すぐにできるかと言えばそうでもありません。

そのため一般的ではありませんが、海外に行くことで自分の中の価値観が変わる人は多くいます。海外に興味がある人や、時間に余裕がある人は試してみてください。何かのキッカケを掴むことができるなら今後の人生にとっても大きなプラスになるでしょう。

しかし、海外に行ったからといって必ず変われるわけではないので、そこは注意が必要です。自分を変えるために海外に行ってみたけど、自信がなくて、部屋にひきこもりっぱなしでは意味がありません。

緊張を抑える効果のある薬

このページの先頭へ