失敗を笑う奴がいたら、心の中でブチ切れてやれ!


緊張で声が震えてしまうことがトラウマになってしまった人は原因があるはずです。

もしかしたら、緊張で声が震えてしまった際に誰かに笑われたというのがキッカケとなっている可能性もあります。

緊張しない人に緊張してしまうこと、声が震えてしまうことの本当の辛さはわからないものです。

そんな人の気持ちもわからずに馬鹿にしてくるような奴がいたのなら、徹底的に見下してやるのもひとつです。

例えば…
こちらにも紹介している「他人を過大評価しない」方法。
このように他人なんて誰しもどうってことないって考えるのもひとつです。
そして、更に人が頑張ってやってんのに何笑ってんだ!クソが!って思ってしまえばいいんです。

別にあなたは悪くないんです、緊張してしまうのは仕方がないんです。あなたは緊張には弱いかもしれないけど、笑った奴だってどこか苦手なことやコンプレックスはあるものです。でも、あなたは人に笑われることの辛さをわかっているのなら、そいつを笑うようなことはしないでください。心の中でとことん見下してやりましょう。

相手の立場になって考えてみる

ちょっと相手の立場になって考えてみましょう。
もしあなたがスピーチを聞く側だったとき、相手の声が震えていたとして、そのことを次の日まで考えることがあるでしょうか?
別に次の日にはその人が声が震えていたことなんて忘れていませんか?次の日どころか1時間後には頭にないかもしれませんよね?
人は自分が思っているほど他人に関心がないというのも事実です。そう考えて、もし震えてしまっても「まいっか」程度で考えると幾分か楽になれますよ。

緊張を抑える効果のある薬

このページの先頭へ