思い込みの力は侮れない!プラセボ効果について


薬にはプラセボ効果(プラシーボ効果)というものがあります。
(これは薬だけに言われるものではありませんね)
要は自己暗示みたいなもので思い込みにより力を上げることができる効果です。こう書くとちょっとオカルトチックな雰囲気が出てしまいますが、このプラセボ効果というのは実は結構侮れないものだったりするんです。

プラセボ効果(プラシーボ効果)とは?

プラセボ効果とは上述していますが、思い込みの力のことです。

実際にこのプラセボ効果を実証するための臨床実験も行われており、その効果は証明されているんです。

臨床実験は次のように行われています。

  • 被験者Aに本物の薬を飲ませる
  • 被験者Bに本物の薬と似せて作った薬(偽薬)を飲ませる

この2人に対してどのような効果の違いが現れるのかという実験です。

結果は本物を飲んでいると思って偽薬を服用していた人も病気の改善効果得られたということです。
この偽物の薬のことをプラセボといい、プラセボを飲んで改善することをプラセボ効果と言います。

実際のところは偽薬を飲んでいるので薬の効果は得られないはずなのに、結果として、病気が改善されています。さらに、驚くのは単なるこの時感じていた効果は「気のせい」ではなく実際に脳の活動を調べると本当に変化を与えていたということです。

薬の効果+プラセボ効果

このようにプラセボ効果というのは非常に効果が高いものだということがわかります。ただし、プラセボ効果で薬と同じ効果が得られたのかと言えばそれはまた別の話です。プラセボ効果は一時的な場合が多く、薬でしか得られない効果もあります。効果を持続させるにはやっぱり本物の薬でしか無理です。

ただ、プラセボ効果は迷信などではなく、本当に効果があるということです。

例えば、緊張を和らげる薬で言えば、先発医薬品とジェネリック医薬品があり、効果としては同様なのですが、先発医薬品の方が効きやすく感じるというのはプラセボ効果によるものが関係しているかもしれません。実際にプラセボ効果を感じられるというのは良い方向に働いている証明でもあります。

プラセボ効果、思い込みの力はある意味プラス思考のようなものです。緊張しやすい人にとって緊張場面で自信を持つことはなかなか難しいことではありますが、プラス思考や思い込み、自己暗示というのは本当に効果があるので少しずつ考え方とかを良い方向に変えて行けるといいですよね。

あがり症や緊張というのは精神面が非常に関係している問題です。
このプラセボ効果というのもうまく使うことができると改善の手助けにもなりそうですよね。

ちょっと豆知識

例えば、プラセボ効果ではありませんが、お酒などを飲む時にノンアルコールでも飲むとちょっと酔った気分になりますよね?これもある意味思い込みの力です。
信じて、納得して飲むと効果は得られるんですね。

緊張を抑える効果のある薬

このページの先頭へ