緊張に効く薬で声の震えを抑える


当サイトでも紹介している緊張に効果のある薬ですが、これらを利用することで声の震えを抑えることは可能です。

あがり症のメカニズム」でも紹介していますが、
声の震えはあがり症の症状の一つであるため、
緊張状態に陥ることでその症状の一つとして「声の震え」が起こります。

そのため、緊張状態になることを防ぐことで症状を抑制することができます。

例えば、私の経験上声の震えは
「緊張→動悸→動揺→症状(声の震え)」
というように起きていました。

この最初の段階の緊張で止めることができるため、
その後の動悸を抑制することができ、極度の緊張状態に陥ることもありません。

心臓が落ち着いているので、冷静を保つこともでき、ゆっくりと自分のペースで喋れますし、自分の心臓の鼓動に焦ることもなくなります。

その他あがり症の症状にも効果あり?

声の震え以外にも、赤面、手足の震えなど、緊張状態で起こる様々な症状は、声の震え同様に緊張を抑えることで未然に防ぐことが可能だと思われます。

私は声の震えで悩んでいたため、赤面などに効果があるかどうかは、ハッキリした効果はわかりませんが、同じあがり症の症状だと考えれば緊張を抑えることで症状抑制に効果があると思われます。

現に声の震えに関しては私もよく使っているインデラル、また一度精神安定剤も試してみましたが、服用時に激しい動悸が起こることはありません。

緊張時に起こる症状であれば効果があると思いますので、赤面や手足の震え、精神性の発汗などで悩んでいる方は一度試してみる価値はあると思います。

緊張を抑える効果のある薬

このページの先頭へ